岩手のニュース

めくって応援「三陸復興カレンダー」発売 収益金は被災地へ

2018年版の三陸復興カレンダー

 東日本大震災の復興支援団体「SAVE IWATE(セーブ・イワテ)」(盛岡市)が、2018年版の「三陸復興カレンダー」を発売した。12年版から制作を続けており、収益金は被災地の復興支援活動に充てる。
 各月のメイン写真には、岩手県沿岸部の12市町村で繰り広げられている伝統的な祭りや行事を掲載した。各地の復興の歩みを伝える造成市街地や災害公営住宅の写真も載せた。海外向けの英語版もある。
 表紙では山田町で昨年9月にあった山田まつりの迫力を切り取った。撮影した山田町出身で盛岡市に住む原田武二さん(71)は「祭りのクライマックスを捉えた一枚。心の復興に役立てたらうれしい」と話す。
 1部1000円。岩手県内の書店と団体ホームページで購入できる。連絡先はセーブ・イワテ019(601)6482。


関連ページ: 岩手 社会

2017年12月13日水曜日


先頭に戻る