秋田のニュース

秋田県内で11〜12日にかけ強風、女性が重傷 新幹線6本運休

 発達した低気圧の影響で、秋田県内は11〜12日、強風が吹き荒れた。県などによると、1人が重傷を負い、交通機関の運休や遅れが相次いだ。
 秋田地方気象台によると、八峰町八森で12日午前11時40分ごろに28.2メートル、秋田市雄和の秋田空港で同日午前9時45分ごろに27.8メートルの最大瞬間風速を観測した。
 県によると、11日午後5時半ごろ、潟上市で80代女性が風にあおられて転倒し、左脚を骨折した。
 JR東日本秋田支社によると、秋田新幹線は12日、東京−秋田間で上下計6本運休したほか、遅れが相次いだ。


関連ページ: 秋田 社会

2017年12月13日水曜日


先頭に戻る