広域のニュース

東北で大雪、強風 会津若松で降雪50cm 冬型は13日も

雪化粧した鶴ケ城。大雪の影響で観光客も少ない=12日午後2時30分ごろ、会津若松市

 強い冬型の気圧配置の影響で、東北地方は12日、日本海側を中心に大雪や強風に見舞われた。
 仙台管区気象台によると、午後4時までの24時間降雪量は福島県南会津町南郷62センチ、会津若松50センチ、尾花沢40センチ、宮古市区界33センチ、横手27センチなど。仙台も今季初の積雪3センチを観測した。
 日本海側の沿岸は強風が吹き荒れた。酒田市飛島で午後2時58分、最大瞬間風速33.5メートルを記録。秋田県八峰町八森で28.2メートル、能代で28.1メートルだった。最低気温は青森県深浦で氷点下3.2度、能代で氷点下2.6度まで下がり、いずれも今季最低となった。
 上空約5000メートルに氷点下36度以下の寒気があり、東北地方は13日も強い冬型の気圧配置となる見込み。13日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で、日本海側は平地40センチ、山沿い60センチ、太平洋側は平地20センチ、山沿い40センチ。


関連ページ: 広域 社会

2017年12月13日水曜日


先頭に戻る