宮城のニュース

父親刺殺の元少年に懲役11年 仙台地裁判決

 仙台市泉区の自宅で2015年、父親=当時(49)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた元少年の被告(21)=事件当時(19)=の裁判員裁判で、仙台地裁は13日、懲役11年(求刑懲役14年)の判決を言い渡した。
 加藤亮裁判長は「逃げようとした父親を一方的に刃物で多数回突き刺した犯行態様は執拗(しつよう)でむごく、非難は免れない」と述べた。
 弁護側は「不健全な家庭環境で育ち、犯行時は精神的に追い詰められ混乱していた」と主張。判決は「自分の行動をコントロールできない状態だったとは言えず、父親に落ち度があったとも言えない」と退けた。
 判決によると、被告は15年12月1日夜、自宅2階の自室前で父親の胸や背中をナイフで刺し、殺害した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月14日木曜日


先頭に戻る