宮城のニュース

落下物の撤去作業中 車にはねられ警察官が重傷 仙台・国道4号

 14日午前6時半ごろ、仙台市太白区郡山の国道4号で、路上落下物の撤去作業をしていた仙台南署の男性巡査(35)が通勤中の泉区の男性会社員(48)の乗用車にはねられ、左肩の骨を折るなどの重傷を負った。命に別条はないという。
 同署によると、巡査は物損事故で路上に散らばったタイヤ片を同僚と拾い集めていたところ、後ろから来た乗用車にはねられた。同署が原因を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月14日木曜日


先頭に戻る