宮城のニュース

<仙台育英飲酒>「対外試合禁止」高野連が上申へ

 日本高野連は13日、大阪市内で定例の審議委員会を開き、2、3年生部員による飲酒や喫煙の問題が発生した仙台育英に対し、一定期間の対外試合禁止が相当として、日本学生野球協会審査室に上申することを決めた。また、第90回選抜高校野球大会の一般枠の推薦を辞退する届け出があり、同日付で了承したことを発表した。
 同校の調査によると、飲酒や喫煙は今年3〜11月に8件あり、野球部員計9人が関わっていた。日本高野連によると問題は5日に発覚し、9日に宮城県高野連に辞退の届け出をした。今秋は東北大会2回戦で敗れていた。
 仙台育英は今夏の全国野球選手権大会で8強に進出するなど、春夏合わせて計38度の甲子園出場を誇る。部は来年1月9日まで活動を自粛するとしている。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2017年12月14日木曜日


先頭に戻る