宮城のニュース

<羽生結弦>捻挫長期化で全日本欠場濃厚

公式練習でジャンプの着地に失敗し転倒する羽生

 フィギュアスケートの2014年ソチ冬季五輪王者で、11月9日に練習で右足関節外側靱帯(じんたい)を損傷した羽生結弦(ANA、宮城・東北高出)が通常の捻挫よりも長引く故障だったと13日、日本スケート連盟の小林芳子強化部長が明らかにした。平昌五輪代表最終選考会の全日本選手権(21〜24日・東京)出場に向けて厳しい状況となったが、欠場しても世界ランキング1位などの実績があるため、代表入りが確実となっている。
 羽生は強化拠点のカナダのトロントで療養中。連盟を通じ「今後、氷上に立ち、左足を中心に単純に滑ることだけから始め、少しずつ負荷を上げ、右足でのターンなどをできるようにしていきたい」との談話を出した。
 羽生は11月12日に連盟を通じ「10日間は絶対安静と医師から言われた。その後、3〜4週間で(パフォーマンスが)元に戻るとみている」と説明したが、ジャンプを着氷する右足首故障で調整が大幅に遅れている。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2017年12月14日木曜日


先頭に戻る