福島のニュース

<福島第1原発事故>収束作業員が白血病発症 4例目の労災、厚労省認定 

 厚生労働省は13日、東京電力福島第1原発事故の収束作業で放射線に被ばく、白血病を発症した東電社員の40代男性を労災認定した。男性は事故直後に注水作業に携わり、積算被ばく線量は約99ミリシーベルトに上った。原発事故後の作業による被ばくを巡る労災認定は4例目で白血病が3例、甲状腺がんが1例。
 厚労省によると、男性は1994年から白血病と診断された2016年2月まで福島第1原発で業務。11年3月の原発事故直後は、電源喪失で冷却ができなくなった1号機や3号機に注水する作業にも関わっていた。積算被ばく線量のうち約91ミリシーベルトが事故発生から11年12月までの収束作業における被ばくだった。
 放射線被ばくによる白血病の労災認定は、(1)総被ばく線量が5ミリシーベルト×業務に従事した年数以上(2)被ばく開始後1年以上たってからの発症−などが条件になっている。
 医学専門家らによる検討会が12日の会合で労災と判断し、13日に富岡労働基準監督署(福島県)が認定した。男性は現在入院治療中。


2017年12月14日木曜日


先頭に戻る