宮城のニュース

<仙台駅開業130周年>地酒「駅政宗」に特別版 金色ラベルで記念の年を華やかに

仙台駅開業130年を記念した仙台駅政宗の特別版

 JR仙台駅限定の地酒ブランド「仙台駅政宗」の特別版が、同駅の開業から130年を迎えた15日発売された。新米を使った搾りたての生酒で、かつての駅舎などをあしらった金色のラベルで華やかに彩った。
 130年記念の特別版は仙台市泉区根白石地区で栽培したひとめぼれと、泉ケ岳の麓でくみ上げた地下水で造った純米吟醸。香り高く、雑味の少ない味に仕上げた。
 駅政宗シリーズは仙台伊沢家勝山酒造(仙台市)が製造し、宮城県松島町の酒販店「むとう屋」が販売。JR東日本東北総合サービス(同)が企画協力した。
 1300本限定で、720ミリリットル入り1本1944円(税込み)。駅構内やエスパル仙台の酒販店、土産物店で扱う。


関連ページ: 宮城 経済

2017年12月16日土曜日


先頭に戻る