宮城のニュース

大崎特産デリシャストマト使ったシュークリーム 鹿島台商の男子3人が開発

「トマトシュー」を開発した生徒たち

 大崎市鹿島台の特産品、デリシャストマトを使ったシュークリーム「トマトシュー」を、鹿島台商高3年の3人が開発した。19日午前11時から県庁1階ロビーで行う実習で販売する。
 生クリームにデリシャストマトのジャムを混ぜた製品は、同市のスイーツ工房大正堂の協力で完成した。佐藤佑樹さん(17)は「トマトの酸味があり、甘過ぎない仕上がりになった」と話す。
 3人は、昨年度受講した課題研究「商業研究」でトマトシューを企画。佐藤力侑(りきゆう)さん(17)は「大崎市をPRし、野菜嫌いの子どもも食べられる」と意図を説明する。
 19日は1個100円で20個を販売。同校の生徒が先に開発したデリシャストマト入りのマドレーヌやマカロン、地元食材を使った弁当「パタ崎さんの『おいしさぎっしり』鹿島台風物詩御膳」も一緒に売る。
 引地悠二さん(18)は「シューは小さめだが、中にびっくりするほどクリームが入っている。ぜひ食べてほしい」とアピールする。


関連ページ: 宮城 経済

2017年12月17日日曜日


先頭に戻る