宮城のニュース

<スキー場初滑り>スプリングバレー メインコースに35センチ、滑走可能に

初滑りを楽しむスノーボーダーら=仙台市泉区のスプリングバレー泉高原スキー場

 仙台市泉区のスプリングバレー泉高原スキー場の積雪は約35センチ。全12コースのうち、メインのクリッパーAコースが滑走できる。
 同スキー場は今季、レストランや用品レンタルを一新。子ども向け雪遊びやスクール事業も拡充を図り、来年4月8日までの営業期間中、昨季を約1万人上回る約6万5000人の来場を見込む。
 1月20日と2月17日はオールナイトで営業する。
 浅野雅宣パトロール隊長(43)は「ここ2年は雪が少なかったので、今季は期待したい。平昌五輪もあるので冬のスポーツをぜひ体験してほしい」と話した。
 泉区では泉ケ岳スキー場が22日にオープン予定。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月16日土曜日


先頭に戻る