宮城のニュース

<スキー場初滑り>オニコウベ 山頂の積雪70センチ、3コースOK

スキーヤーらが初滑りを楽しんだ=大崎市鳴子温泉のオニコウベスキー場

 数日前から雪が降った大崎市鳴子温泉のオニコウベスキー場は山頂で約70センチ、山麓で40センチの積雪があり、8コースのうち3コースが滑走可能となった。
 登米市の会社員遠藤かなさん(23)は「コンディションはすごく良かった。今季は2桁(の回数)は滑りたい」と話した。
 スキー場の職員や観光関係者ら約50人はレストハウスで神事に臨み、無事故を祈願した。営業は来年3月25日までの予定で、昨季を約7000人上回る3万5000人の集客を目指す。
 県北では、やくらいファミリースキー場(加美町)が16日、上野々スキー場(大崎市鳴子温泉)が27日に営業を開始する予定。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月16日土曜日


先頭に戻る