宮城のニュース

<JR東>来春ダイヤ改正「はやぶさ」増発、仙山線朝の3本を4両に 仙台支社

 JR東日本仙台支社は15日、2018年3月17日のダイヤ改正の概要を発表した。東北新幹線は利用が好調な「はやぶさ」を上下1本ずつ増発するのに加え、盛岡が終点だった下り1本を新青森まで延長運転する。「はやて」(東京−盛岡)上下計4本をはやぶさに変え、速達性も高める。
 仙台空港アクセス線(仙台空港−仙台)は、列車時刻を見直して日中時間帯(午前9時〜午後4時)の運転間隔を30分未満とし、利便性を向上させる。
 仙石東北ラインは、夕方時間帯の停車がなかった石巻あゆみ野駅(石巻市)に午後6時台に上下1本ずつを停車させる。周辺で宅地造成が進み、利用客が増加しているため設定した。
 仙山線(仙台−愛子)は朝の通勤通学時間の混雑緩和のため、上下計3本の車両数を4両に倍増する。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月16日土曜日


先頭に戻る