宮城のニュース

<楽天>新外国人オコエ・ディクソン外野手を獲得へ

 東北楽天が新外国人として、米大リーグ・ドジャースで今季プレーしたオコエ・ディクソン外野手(27)を獲得する方針であることが15日、分かった。球団幹部によると、メディカルチェックが済み次第、正式に契約して発表する見込み。
 ディクソンは米国出身で180センチ、100キロ、右投げ右打ち。2011年ドラフト12巡目でドジャース入りし、今季大リーグに初昇格して7試合に出場、7打数1安打、打率1割4分3厘の成績を残した。ドジャース傘下の3Aでは今季116試合に出場して打率2割4分6厘、24本塁打、76打点。肩を故障し、手術を経て現在はリハビリ中だという。
 来季の外国人選手はウィーラー、ペゲーロ、アマダーの野手3人と投手3人の計6人の残留が決まっている。立花陽三球団社長は「ウィーラー、ペゲーロ、アマダーと競争してほしい」と話した。


2017年12月16日土曜日


先頭に戻る