岩手のニュース

「途中で全員降りたから」路線バス終点まで運行せず 岩手県交通

 岩手県交通(盛岡市)は15日、西和賀町内を走る路線バスがルートの途中で運行を打ち切っていたと発表した。JRほっとゆだ駅から西和賀町貝沢に向かうバスが、終点の二つ手前にある停留所で引き返していた。
 5日に社外から指摘があり、運転手への聞き取りやドライブレコーダーの映像を調べて判明した。調査に複数の運転手が「途中で乗客が全員降りた」と話しているという。
 県交通は東北運輸局岩手運輸支局に報告。「利用者や関係者にご迷惑をお掛けして申し訳ない。詳細が明らかになり次第、速やかに公表する」としている。
 同様の事案は岐阜県や滋賀県のバス会社でもあり、いずれも道路運送法に基づいて車両の使用停止の行政処分を受けた。


関連ページ: 岩手 社会

2017年12月16日土曜日


先頭に戻る