福島のニュース

手を握る、「君が好きです」とメッセージ送信…福島の県立高教諭、女子生徒3人へのセクハラで処分

 福島県教委は15日、顧問をしていた部活動の女子生徒3人にセクハラ行為をしたとして、会津地方の県立高に勤務する男性教諭(50)を停職3カ月の懲戒処分とした。
 教諭は昨年6月〜今年9月、部活動を終えた生徒を自宅まで車でそれぞれ送った際、「愛している」と言ったり手を握ったりした。「君が好きです」といったメッセージを無料通話アプリなどで複数回送信した。
 生徒の1人が今年9月、養護教諭に相談し発覚。学校の聞き取りに対し、他の部員2人も被害を訴えた。
 男性教諭は今年4月、会津地方の別の高校に異動後も、顧問を務めた前任校の部活動の指導をしていた。


関連ページ: 福島 社会

2017年12月16日土曜日


先頭に戻る