宮城のニュース

<立憲民主党>県連事務所 年明け仙台設置 活動本格化へ

 立憲民主党の県連代表を務める岡本章子衆院議員(比例東北)は16日、年明けにも仙台市青葉区二日町に県連事務所を構え、党の活動を本格化させる方針を明らかにした。同区であった民進党県連大会に来賓として出席し、取材に答えた。(2面に関連記事)
 10月の衆院選で共に比例東北で当選した山崎誠氏、阿久津幸彦氏の活動拠点として、事務所内に東北ブロック連絡所も設置する方針。岡本氏は「民進と連携し、安倍政権に対峙(たいじ)する」と述べた。
 衆院宮城2区に民進系無所属で立候補し、落選した鎌田さゆり元県議は同日、県連大会の会場で桜井充代表と会い、離党届を提出した。
 鎌田氏は「平和憲法を守るために立民で活動する」と述べ、来年の元日に入党手続きをする考えを示した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年12月17日日曜日


先頭に戻る