宮城のニュース

個性光る力作ずらり 仙台で県芸術祭絵画展

県芸術祭絵画展の入賞者の作品が並ぶ会場

 今秋あった第54回県芸術祭絵画展の入賞者の作品を集めた展覧会が15日、仙台市青葉区の東京エレクトロンホール宮城で始まった。21日まで。
 県芸術協会の主催。会員の部20人、公募の部9人の入賞者が、それぞれ入賞作1点と近作1点を出品している。
 会員の部でともに最高賞の県芸術祭賞となった渡辺昭〓(あきお)さん(仙台市)の洋画「生命譜(2017.5)」、山口裕子さん(山形市)の日本画「命をつなぐ冬ものがたり」など、個性の光る力作が並ぶ。
 午前10時〜午後6時。最終日は午後5時まで。入場無料。

(注)〓は石へんに夫


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月19日火曜日


先頭に戻る