秋田のニュース

<秋田県立大>洋食に、米粉に、医療に 3種の改良米開発「栽培法変えずに需要対応可能、6次産業とも好相性」

開発した需要米を説明する藤田教授

 秋田県立大などの研究グループは、外食や医療などの分野で活用が見込まれる3種類の新規需要米を開発した。既存の品種の遺伝子を取り出して変質させ、再度配合する「戻し交配」という技術を使い、収穫量や栽培方法を変えずに食感や食味の改良を図った。2018年度以降の品種登録を目指す。
 3種類は、あきたこまちを改良した「K1」と、あきた63号を改良した「A2」「A6」。
 K1は脂質やタンパク質などの栄養価が高く、水分をあまり吸わないのが特徴。ぱさぱさとした食感で油と相性が良く、洋食や中華料理に適している。A2は米粉にして小麦粉と混ぜるとうま味が増すことが分かり、麺類やパン作りに向いているという。
 A6は難消化性のでんぷんを多く含むため満腹感が続き、カロリー摂取を抑えることができる。豊富な食物繊維が腸の環境を改善し、血糖値を低下させる効果も確認され、医療や介護現場への導入が期待される。
 K1とA2は18年度、A6は19年度、農林水産省に品種登録を申請する予定。
 品種登録後は一般の農家でも栽培できる。研究グループは企業との連携を強化し、食味を生かしたレシピや加工方法の考案と普及に力を入れる。
 新規需要に応えるコメの品種開発は、秋田県立大と県農業試験場(秋田市)、国際農林水産業研究センター(茨城県つくば市)の研究グループが、11年から稲作農家支援の一環として取り組んできた。
 同大生物資源科学部の藤田直子教授(植物生理学)は「従来の栽培方法で異なるニーズに対応できる米を作ることができ、6次産業との相性も良い。稲作農家を活気づけ、農業の改革につなげたい」と話す。


関連ページ: 秋田 経済

2017年12月19日火曜日


先頭に戻る