秋田のニュース

<男鹿水族館>サンタが海中にやってきた オキアミのプレゼントに魚たち群がる

サンタダイバーと記念写真を撮る子どもたち

 サンタクロースの格好をしたダイバーが魚たちに餌を与える催しが17日、秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOであった。クリスマスを前にした恒例行事で、23〜25日にも実施する。
 餌やりは、魚やウミガメなど約2000匹が泳ぐ「男鹿の海大水槽」で行った。オキアミなどの「プレゼント」を持ったダイバーが現れると、心待ちにした魚たちが一斉に群がった。
 幅約15メートル、高さ約8メートルと同館最大の水槽で、訪れた親子連れは餌を食べる姿に歓声を上げたり、記念写真を撮ったりしていた。
 餌やりは午後2時から。連絡先は同館0185(32)2221。


関連ページ: 秋田 社会

2017年12月19日火曜日


先頭に戻る