宮城のニュース

<利府町長選>副議長の羽川氏出馬へ

羽川 喜冨氏

 任期満了に伴う宮城県利府町長選(来年2月13日告示、18日投開票)で、町議会副議長の羽川喜冨氏(56)が19日、無所属で立候補する意向を明らかにした。
 羽川氏は河北新報社の取材に「(争点の)文化複合施設は、コストや設計を見直した上で建設を進める。町政に町民の声を反映するため、ワークショップなどを活用したい」と述べた。
 羽川氏は仙台市出身。東北学院大卒。県議秘書などを経て2007年に初当選し、現在3期目。町議は年明けにも辞職する予定。
 同町長選には、前町議の吉田裕哉氏(40)と町職員の大野尊行氏(44)が出馬の意思を表明。5期目の現職鈴木勝雄氏(73)は引退する。同町長選に3人が出馬すれば74年以来43年ぶり。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年12月20日水曜日


先頭に戻る