岩手のニュース

銀河鉄道 光と雪をまとって 小岩井農場でイルミネーション

夜空に浮かび上がる「銀河鉄道SL」

 岩手県雫石町の小岩井農場まきば園が、「小岩井ウインターイルミネーション 銀河農場の夜」でにぎわっている。澄んだ夜空と白銀の牧場を背景に約130万個の発光ダイオードがきらめき、来場者を幻想の世界へいざなう。来年1月28日まで。
 金色に彩った長さ約40メートルの「光のトンネル」や機関車を飾った「銀河鉄道SL」、高さ18メートルのモミの木と見どころ満載。今年は電飾と鏡の迷路「光のラビリンス」が登場し、日中や悪天候でも楽しめる。
 家族と訪れた一関市萩荘小3年の高橋蓮央(れお)さん(9)は「キラキラしていてきれい。SLは迫力があって格好良かった」と話した。
 点灯は午後3〜8時。毎週土曜と最終日は午後9時までで、午後7時半から花火を打ち上げる。入園料は中学生以上800円、5歳以上300円。連絡先はまきば園019(692)4321。


関連ページ: 岩手 社会

2017年12月20日水曜日


先頭に戻る