宮城のニュース

母と兄の遺体放置 遺棄容疑で会社員の男逮捕「ショックでどうしていいか分からなかった」

 母親と兄の遺体を自宅に放置したとして、宮城県警古川署は20日、死体遺棄の疑いで宮城県大崎市田尻蕪栗沢田、会社員安住秀俊容疑者(49)を逮捕した。遺体に目立った外傷はなく、同署は21日に司法解剖し、詳しい死因を調べる。
 逮捕容疑は自宅1階の居間で10日ごろ、母あや子さん=当時(86)=が、16日ごろには兄耕造さん=同(63)=がそれぞれ死んでいるのを知りながら、20日まで放置し、遺棄した疑い。
 同署によると、「ショックでどうしていいか分からなかった」などと容疑を認めているという。安住容疑者は母と兄の3人暮らしで、20日午後になって安住容疑者が110番し、発覚した。
 現場は民家が点在する農村地帯。近隣の住民によると、安住容疑者方は数年前から住民との交流がほとんどなかったという。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月21日木曜日


先頭に戻る