宮城のニュース

<にゃんとワンポイント・実践編>錠剤は「おにぎり法」がお勧め

錠剤を飲まされる犬。直接投薬する際は、吐き出さないよう、なるべく舌の奥に入れる

◎薬を飲ませる

 今回は、犬猫の飼い主さんが頭を悩ませる薬の飲ませ方についてです。
 内服薬は大別して、錠剤・粉剤・液剤があります。
 錠剤はフードに入れて与える「おにぎり法」がお勧めです。手のひらにウェットフードを平たく伸ばし、上に薬を載せます。開いていた手を握り薬のにおいをフードで閉じ込めます。この時、薬を持っていた方の手でおにぎりに触れないでください。薬のにおいが付いてしまいます。おにぎりを最初に与え、食べ終わったのを確認してから、通常の食事を与えます。
 薬の存在に気付いてしまった場合、警戒して食べなくなることもあります。治療の妨げにならないものであれば、普段のフードとは違うものを使うのも一つのアイデアです。
 直接口に入れてやる方法もあります。片方の手のひらを犬(または猫)の頭の上に乗せ、親指と人さし指を左右上顎の犬歯の後ろの歯茎に掛けます。もう片方の手の親指と人さし指で薬を持ち、薬指や小指で下顎を下げて、なるべく舌の奥に薬を入れて=写真=手を放し、口を閉じます。
 粉剤や顆(か)粒(りゅう)剤はウェットフードに混ぜるか、水で溶いてスポイトで直接口に入れます。
 スポイトを使う場合、顔を手で押さえ、口は閉じさせたまま、犬歯の後ろの小さな奥歯がある辺りにスポイトの先端を入れ、注入します。液体の量が少なければ、口を開けた瞬間に入れてしまうことも可能ですが、量が多いときは、気管に入らないよう、飲み込みを確認しながら与えます。液剤の場合も同様です。
 それでも難しい、と思った際は、病院に相談して投薬の手本を見せてもらうか、違う薬や治療法の検討をしてもらいましょう。
 映画「千と千尋の神隠し」では、主人公の千が竜の姿のハクに苦団子という薬を飲ませます。奥までしっかり押し込んで、出さないように口を押さえる、見事な投薬でした。(獣医師 後藤千尋)


2017年12月22日金曜日


先頭に戻る