宮城のニュース

<全日本フィギュア女子SP>本郷、会心の3位 ジャンプ修正「壁越えられた」

SPで3位となった本郷の情熱的な演技=2017年12月21日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(川村公俊撮影)

 平昌冬季五輪代表最終選考会を兼ねた大会は21日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕し、代表2枠を争う女子はショートプログラム(SP)で17歳の坂本花織(シスメックス)がほぼミスなしの演技を見せ、73.59点でトップに立った。
 4連覇を目指す宮原知子(関大)が73.23点で2位、本郷理華(邦和スポーツランド、仙台市出身)が70.48点で3位、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が68.93点で4位。年齢制限で平昌五輪に出られない15歳の紀平梨花(関大KFSC)が大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、66.74点で5位と健闘した。本田真凜(大阪・関大高)は66.65点で6位、三原舞依(シスメックス)は64.27点で7位と出遅れた。

◎本郷3位「しっかり準備できたと自信は持てていた」
 
 初の五輪に望みをつないだ。70点を上回る成績を目標としていた本郷が70.48点でSP3位。「越えられなかった壁を越えられた。たくさんの声援がうれしかった」。演技後、思わず涙が込み上げた。
 グランプリ(GP)シリーズで苦戦していたジャンプを修正した。冒頭のフリップ−トーループの連続3回転をきれいに着氷し、加点を引き出す。ステップでターンが抜けるなど小さなミスはあったものの、プログラム全体を情感豊かにまとめた。
 今季前半の成績でライバルに差をつけられ、代表選考レースから脱落しかけていた。復活を遂げた要因は「これといって分からない」。でも、「GPシリーズが終わってから約1カ月、諦めず取り組んだ。しっかり準備できたと自信は持てていた」と笑った。
 2枠の代表に滑り込むには実績からみて、優勝が必要だ。1位坂本、2位宮原との差はともに約3点と射程圏内。坂本と宮原は11月のスケートアメリカでトータル210点台を記録しているだけに、フリーでは完璧な演技が求められる。
 大逆転で平昌を狙う厳しい立場に変わりはないが、「五輪は小さい頃からの夢。目の前のこと、自分の演技に集中したい」と気を引き締め直した。(佐藤夏樹)


2017年12月22日金曜日


先頭に戻る