宮城のニュース

<利府町長選>熊谷氏出馬正式に表明 自民党元参院議員

 任期満了に伴う宮城県利府町長選(来年2月13日告示、18日投開票)で、自民党元参院議員の熊谷大(ゆたか)氏(42)が22日、町役場の町民交流館で記者会見し、無所属で立候補することを正式に表明した。
 熊谷氏は、引退する5期目の鈴木勝雄町長(73)の手腕を高く評価。「現町政を継承・発展させ、人材や産業の育成に力を入れたい。文化複合施設は、文化発信の中核施設として整備を進める」と述べた。
 会見後、会場に現れた鈴木町長は「後継者指名はしないが、全面的に応援する」と話した。
 熊谷氏は仙台市出身、東北大院卒。中学校英語講師、松下政経塾生を経て2010年参院選で初当選、16年参院選で敗れた。同市の人材育成コンサルタント会社役員を務めている。
 町長選には他に、元町議吉田裕哉(40)、町職員大野尊行(44)、町議会副議長羽川喜冨(56)の3氏が立候補を表明している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年12月23日土曜日


先頭に戻る