秋田のニュース

<出前かまくら>横手の冬PR 今年は雪たっぷり

出前かまくら用の雪を大型トラックの荷台に積み込むロータリー除雪車

 横手市は22日、神奈川県厚木市で24日に開催されるイベントで設営する「出前かまくら」用の雪の積み込み作業を、横手市の観光物産施設「秋田ふるさと村」の駐車場で行った。
 ロータリー除雪車1台と10トントラック3台が出動。出前かまくら用に除雪せずに残していた約40センチの雪を、除雪車が勢いよく吹き上げてトラックの荷台に山積みした。
 出前かまくら用の雪は、新東名高速道路厚木南インターチェンジ開通記念イベントの会場に運ばれる。横手市から派遣される3人のかまくら職人が高さ3メートル、直径3.5メートルのかまくら1基を設営する。
 前年度の出前かまくらは暖冬による雪不足の影響で1月上旬に横手市内での雪の積み込みができず、北上市の夏油高原スキー場まで出向くなどして急場をしのいだ。
 横手市観光おもてなし課の南雲祐紀さん(30)は「出前かまくらで横手の冬をPRし、来年2月15、16日の小正月の伝統行事かまくら本番の誘客につなげたい」と話した。


関連ページ: 秋田 社会

2017年12月23日土曜日


先頭に戻る