宮城のニュース

昭和天皇への献上品 歌津のアワビ、格安で 南三陸

通常の4倍はある700グラムのアワビも展示された=南三陸町歌津

 昭和天皇への献上品として知られる宮城県南三陸町歌津のアワビを特売する「歌津あわび祭り」が23日、同町の南三陸ハマーレ歌津で開かれた。
 東日本大震災で被災した浜の復興を発信しようと県漁協歌津支所が開催し、アワビ300キロを用意。1キロ9000円と市価の3割安で販売すると、約15分で売り切れた。
 天童市の会社員瀬野利光さん(65)は「おいしい海産物を求めてよく南三陸に足を運んでいる。アワビは刺し身にして年末年始に孫と食べたい」と喜んだ。
 肉厚な歌津のアワビは昭和天皇の即位式に届けられた。震災後、天皇皇后両陛下が南三陸を慰問されたことをきっかけに、2014年から天皇誕生日に祭りを開いている。


関連ページ: 宮城 経済

2017年12月24日日曜日


先頭に戻る