宮城のニュース

豊漁のタコお買い得 「歳の市」新鮮さ競う 石巻・北上

タコがたくさん並んだ歳の市=石巻市北上町

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市北上町の北上中体育館で23日、年末恒例の「にっこり歳の市」があり、大勢の市民が新鮮な魚介や野菜を買い求めた。
 市北上地域物産振興協会など実行委員会が主催。約20の業者が地元産のホタテやワカメ、トマト、大根などを市価より約3割安く販売した。今年豊漁のタコが多く並び、買い物客が正月料理用に購入した。
 アワビのみそ漬けなどを買った同市中央の会社員今野義夫さん(54)は「ここで買い物するのが年末の恒例行事。いろいろな品が売られていて楽しめる」と話した。
 会場では復興祈願の女川法印神楽や民謡などもステージで披露され、追分温泉のペア宿泊券が当たる抽選会も盛り上がった。


関連ページ: 宮城 経済

2017年12月24日日曜日


先頭に戻る