宮城のニュース

<全国高校ラグビー>宮城県代表・仙台育英 走力生かし初戦突破へ

全国大会に向けて練習する選手=多賀城市の仙台育英高グラウンド

 大阪府東大阪市の花園ラグビー場で27日に開幕する第97回全国高校ラグビー大会に、仙台育英が宮城県代表として出場する。1回戦(28日)の相手は常翔学園(大阪第3)。仙台育英はスピードや展開力を武器に昨年に続く初戦突破を目指す。

 県大会では今年も無類の強さを発揮した。3試合無失点で22年連続24度目の代表の座をつかんでいる。
 花園で課題となるのは体の細さ。特に関西勢には分が悪い。課題を克服するために今年は上半身の筋力トレーニングに力を入れてきた。スピードとスタミナも強化。展開力を生かして相手ゴールに迫りたい。
 1、2年生が中心のメンバーの中で、丹野監督は「3年生の活躍が鍵を握る」と話す。スピードのあるナンバー8の宮川、独特の間とステップで相手をかわす高校日本代表候補のFB千葉真が攻撃の起点となる。
 県大会決勝の石巻工戦で先制トライを決めた宮川は「スタミナと脚には自信がある。体が小さい分、全員が走らないと勝てない」と強調する。
 千葉真も「県大会では状況判断に課題が残った。キックするか走るかを見極め、より多くのトライに貢献したい」と意気込む。
 ▽代表まで 準々決勝65−0多賀城、準決勝85−0利府、決勝39−0石巻工

部長 仲居 麻美
監督 丹野 博太
FW 鈴木玲音奏(1) 181 93 岩手・遠野
   山内 守生(2) 172 82 神奈川・名瀬
   安藤  翼(2) 175 88 上杉
   長利 慶太(3) 176 81 神奈川・笹下
   鈴木 惣史(3) 176 80 中野
   荒井 晟真(1) 174 73 山形・山形一
   長谷川 怜(1) 170 74 岩手・紫波一
   宮川 雅也(3) 179 82 神奈川・秋葉
HB 大城  椋(1) 169 65 山形・上山北
   只野 稜太(2) 176 72 南中山
TB 土方 直哉(2) 170 68 大阪・石切
  ◎大森 寛治(3) 165 75 塩釜一
   酒井 大河(2) 175 73 東京・青山学院
   竹内 陸人(1) 179 77 神奈川・大和
FB 千葉真之亮(3) 173 71 佐沼
(補)奥田 仲間(3) 168 92 神奈川・柏ケ谷
   高橋 大豪(3) 167 72 神奈川・滝の沢
   山脇  昌(3) 165 76 神奈川・鶴ケ峰
   柴田むつき(3) 167 63 みどり台
   松本  樹(2) 170 70 山形・山形一
   今野  柔(2) 165 88 郡山
   鈴木 大夢(2) 175 92 広瀬
   千葉 凌大(1) 171 65 条南
   森岡 悠太(1) 171 62 東京・三鷹二
   河埜 耕大(1) 166 64 山形・山形一
   渡辺 陽太(2) 177 73 広瀬
   佐々木凌雅(2) 173 66 東京・光が丘一
   畠山  崇(2) 169 69 岩手・室根
   根本 稜大(2) 165 72 河北
   上野 颯太(1) 173 64 千葉・高州一 
(注)◎は主将。名前の後は学年、身長、体重、出身中学


2017年12月24日日曜日


先頭に戻る