宮城のニュース

伝統「餅つき唄」で正月先取り 栗原で芸能鑑賞会

地域に伝わる餅つき唄が披露されたコンサート

 栗原市役所玄関ホールを会場にした芸能鑑賞会「くりはらロマンコンサート」(実行委員会主催)が22日あり、祝い事の席で歌われる地域伝来の「餅つき唄」が披露された。
 市内の民謡愛好家らでつくる「ふるさと『栗原おらほの唄っこ』伝承普及会」の会員が出演。きねと臼で手際よく餅をつく演出の傍ら、力強い歌声をホールに響かせ、聴衆を魅了した。
 暮れも押し迫る中、正月ムードに花を添えようと選曲した。普及会の菅原芳宏会長(75)は「今では唄を知る人も少なくなった。歌い継いでくれる人が増えてくれれば」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年12月25日月曜日


先頭に戻る