山形のニュース

庄内自慢の豚・牛ずらり 鶴岡・観光物産館に「肉菜館」

庄内観光物産館に新たにできた「肉菜館」。地元自慢のブランド豚や牛肉の商品などが並ぶ
テープカットで開業を祝う関係者

 山形県鶴岡市の山形自動車道鶴岡インターチェンジそばにある庄内観光物産館に23日、庄内自慢のブランド豚や山形牛をそろえた「肉菜館」がオープンした。初日は開店前から約200人が並び、精肉やコロッケを買い求めた。
 肉菜館は、物産館西側の敷地に建てた木造平屋約300平方メートルの施設。平田牧場(酒田市)と長南牛肉店(鶴岡市)の精肉の量り売りのほか、特製コロッケやメンチカツなどの総菜、地元の野菜、花を提供する。
 開店前の竣工式(しゅんこうしき)で、物産館を運営する庄交コーポレーションの国井英夫社長が「(物産館全体で)庄内を代表する肉、野菜、花、魚、地元の物産品の全てがある。観光客だけでなく地元住民を集客する力も高めたい」とあいさつした。
 同社は「肉菜館」の開設に伴い、物産館の駐車場を250台分増やした。営業時間は午前9時〜午後6時。年中無休。


関連ページ: 山形 経済

2017年12月24日日曜日


先頭に戻る