宮城のニュース

<NPOの杜>視覚障がい者の就労支援

 障害者雇用促進法が改正され、法定雇用率も引き上げられましたが、視覚情報を得にくい視覚障がい者の就職率は、効率や移動、意思疎通の観点から、知的、精神、肢体不自由などの障がい者に比べ、依然低いのが現状です。
 ニーズから出発するやり方で、これまでも多様な支援活動に取り組んできた認定NPO法人ばざーる太白社会事業センター(通称:ビートスイッチ)は、働く場がないために視覚障がい者の方々が家にこもりがちなことを知り、まずは美術館や温泉へ外出して楽しむ活動を始めました。
 そうするうち、参加者から「やっぱり働きたい」という声が上がり、2015年10月に視覚障がい者の就労支援事業所「希望の星」を開設。あん摩マッサージ指圧の治療院を太白区八木山と青葉区梅田町に開いた他、点字の名刺や表示の作製、ビーズ製品などの販売、農産物の生産と加工など、個人に合った働き方を生み出しています。
 治療院では国家資格を持ったマッサージ師が心を込めて丁寧に施術しています。出張マッサージも受け付けていますので、ぜひご利用ください。連絡先は、八木山=022(228)5060、梅田町=080(9638)8199。
(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 庄司真希)


関連ページ: 宮城 社会 NPOの杜

2017年12月25日月曜日


先頭に戻る