宮城のニュース

ペットボトルでロケット作り、打ち上げに挑戦 角田で親子教室

ペットボトルロケット作りを体験する親子連れ

 角田市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)角田宇宙センターで24、25の両日、冬休み親子ロケット教室が開かれた。センターと市の主催で、市内や大崎市などから計35人が参加し、ペットボトルロケット作りや打ち上げに挑戦した。
 参加者はロケットが飛ぶ仕組みを学んだ後、ペットボトルロケットの工作に取り組み、打ち上げも行った。H2ロケット打ち上げで使われた本物のエンジンなどが披露されている展示室も見学した。
 母親と参加した仙台市上野山小5年赤間慧士(けいと)君(11)は「ロケット作りは難しいところもあったけど、うまく飛んで楽しかった。理科の実験が好きで、宇宙にも興味がある」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月26日火曜日


先頭に戻る