宮城のニュース

サンタさんは白石の企業 地元の園児におもちゃ贈る

興味深そうにプレゼントを見つめる子どもたち

 クリスマスの25日、IT機器製造のNECプラットフォームズ白石・米沢事業所(白石市)は、市内にある公立と私立全ての保育園8カ所と幼稚園3カ所におもちゃや絵本を贈った。
 市大鷹沢保育園であった贈呈式で、同事業所の小菅信成執行役員は「仲良く元気に遊んでください」とあいさつし、園児の代表にブロック玩具セットを手渡した。
 2〜5歳児たち約30人はお礼に歌や踊りを披露し、「みんなで仲良く使います。ありがとうございました」と声を合わせた。
 総額13万7500円のプレゼントは、白石の従業員約700人が1年間集めたアルミ缶の売却益で賄った。2007年に始め、今年で11回目。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月26日火曜日


先頭に戻る