宮城のニュース

<全国高校駅伝>仙台育英23年ぶりV 女子、歴代2位の好タイム

全国高校駅伝女子で23年ぶり3度目の優勝を果たした仙台育英のアンカー木村梨七=2017年12月24日、京都市の西京極陸上競技場(写真部・小林一成撮影)

 女子第29回、男子第68回全国高校駅伝は24日、京都市の西京極陸上競技場発着のコースで開催され、女子は仙台育英が1時間6分35秒、歴代2位となる好タイムで23年ぶり3度目の優勝を飾った。
 2区でケニア出身の留学生、エカラレが区間記録を更新する走りでトップに立ち、その後も独走した。男子は仙台育英が2時間4分59秒で3位となり、7年ぶりの入賞を果たした。男女とも各都道府県代表の47校が年末の都大路を駆け抜けた。


2017年12月25日月曜日


先頭に戻る