宮城のニュース

<全国高校駅伝>仙台育英エカラレ 3年連続の区間賞 圧巻の走りで優勝の原動力に

女子の第1中継所で仙台育英の1区三浦(右)からたすきを受け取った2区エカラレ=2017年12月24日

 2区エカラレが今年も圧巻の走りを見せ、優勝の原動力となった。3年連続区間賞に「ベストタイムを出せて幸せ」と喜んだ。
 7位でたすきを受けると、わずか800メートルの間に6人を抜いて先頭に。最後までペースは落ちず、独走態勢をつくる。自身が持つ区間記録も2秒更新した。
 高校生活最後の駅伝。「自分の全力を出せた」と満足そうだ。卒業後は実業団の強豪、豊田自動織機へ進むことが決まっている。「目標は東京オリンピック。今後も練習を頑張りたい」と意気込んだ。


2017年12月25日月曜日


先頭に戻る