岩手のニュース

新路線名は「リアス線」 三陸鉄道、山田線の移管後

 三陸鉄道(岩手県宮古市)は25日、2019年3月にJRから山田線の宮古−釜石間(55.4キロ)が移管されるのに合わせ、現在運行している南北リアス線と統合して新路線名を「リアス線」とすることを決めた。第三セクター運営の鉄道では全国最長となる。
 盛岡市で25日にあった取締役会で決定した。リアス線は久慈(久慈市)から盛(大船渡市)まで県沿岸部を一本のレールで結び、総延長は163.0キロとなる。
 宮古−釜石間に新駅を2カ所設置する。磯鶏(宮古市)−津軽石(同)間に「八木沢・宮古短大」、津軽石−豊間根(山田町)間に「払川」をそれぞれ置く。既存の13駅は山田線での駅名をそのまま使用する。
 中村一郎社長は「久慈から盛まで直通列車も検討している。沿線自治体と連携し、地元住民に生活の足として使ってもらう鉄道を目指したい」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2017年12月26日火曜日


先頭に戻る