福島のニュース

クリスマス 生者の行進 二本松・サファリパークの動物たち仮装

動物とパレードする来園者

 福島県二本松市の東北サファリパークで25日、クリスマスにちなんだ動物と来園者の仮装パレードがあり、約30人が動物との触れ合った。
 飼育されているラクダやラマ、ポニーなど6種類11匹が登場。サンタクロース姿の家族連れらが写真を撮ったり、動物に触ったりしながら行進した。
 中国やチベットの山岳地帯に生息するヒグマの一種ウマグマに、おからで作ったケーキをプレゼントする催しもあった。豪快な食べっぷりに来園者は歓声を上げた。
 いわき市から来た大学生の作山快さん(21)と渡辺穂乃香さん(22)は「普段見られない動物と触れ合えた。いい思い出になりました」と口をそろえた。


関連ページ: 福島 社会

2017年12月26日火曜日


先頭に戻る