宮城のニュース

<楽天>またも本拠地名称変更 チームを愛する気持ちは変わらないけど…どう呼ぼう?

来年から愛称が「楽天生命パーク宮城」に変更される県営宮城球場=仙台市宮城野区

 プロ野球東北楽天の本拠地、県営宮城球場(仙台市宮城野区)の愛称が2018年1月から「楽天生命パーク宮城」に変更される。2年連続の変更に、ファンから「企業の都合で、しかも短期間のうちに…」「そもそも、どう略して呼べばいいのか」といった戸惑いの声が上がっている。
 親会社の楽天(東京)と宮城県とのネーミングライツ(命名権)契約は14年から。以降、球場は楽天グループの電子書籍サービスの名称「Kobo」を冠して「コボスタ」と親しまれてきた。米大リーグの球場のようなボールパーク化が進められ、17年は「コボパーク」などと呼ばれた。
 仙台市宮城野区の団体職員田村義洋さん(32)は愛称変更に困惑しながらも「企業が高いお金を出して得た権利なので、仕方ない」。楽天が「(楽天生命の)認知度向上と拡大」を理由としているため、「今後も楽天が力の入れたい分野の愛称に変わる可能性があるのではないか」とみる。
 青葉区の会社員伊藤香菜子さん(33)は「『コボパーク』だってあまり浸透していないのに、変えるのはどうか」と懐疑的。それでも「ファンとして応援する気持ちに変わりはない」とチームへの愛情を強調する。
 青葉区国分町の飲食店主らでつくる「稲虎応援団」団長の田村忠嗣さん(74)は略称に悩む。「『楽パーク』くらいに略さないと、言うのが楽でない。『コボスタ』は『(食べ物を)こぼすたー』なんてなまって言いながら、なじんできたのに」と嘆く。
 楽天は今回、17〜19年の3年契約の途中で愛称を変更した。県は契約満了まで2年間の愛称保持を確認。だが、20年以降は契約企業の意向で新たな名称となる可能性がある。
 命名権に詳しい東北大大学院経済学研究科准教授の高浦康有さん(44)は「事業名を押し出したい企業の理由はあるにしても、3年くらいは同じ愛称であってほしい」と指摘。「愛着を持てる呼び方を市民とともに考える機会があってもいい」と提案する。


2017年12月27日水曜日


先頭に戻る