秋田のニュース

<秋田犬>世界のハートをイヌくワン!来年の干支、飛躍期待

左から「ゆき」「ぷーこ」「くろべえ」。いずれも保存会の職員が飼育し、毎朝一緒に出勤する。秋田犬には雪がよく似合う=秋田県大館市の桂城公園

 日本犬で初めて国の天然記念物に指定された秋田犬は、国外で人気が高く「在外」の数が国内を上回る。2018年は戌(いぬ)年。さらに世界に飛躍しそうだ。
 公益社団法人「秋田犬保存会」(大館市)によると国外での飼育数は10年前は28匹だったが、今年は約3400匹。中国、台湾、ロシアで特に人気があるという。大型犬独特の凜(りん)とした威厳が評価されている。
 一方、国内は約2000匹。保存会の石垣果奈子さん(39)は「秋田犬は飼い主に忠実で、根は優しい」と魅力をアピールする。
 秋田犬の祖先は秋田県北部に昔からいた狩猟犬とされ、天然記念物の日本犬6犬種の中で唯一の大型犬。


関連ページ: 秋田 社会

2017年12月27日水曜日


先頭に戻る