福島のニュース

除染事業のエーアイ破産手続き開始 作業落ち着き売り上げ減、負債5億4000万円

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染事業などを手掛けるエーアイ(福島県郡山市)は26日までに、福島地裁郡山支部から破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンク郡山支店によると負債総額は5億4000万円。
 同支店によると、エーアイは2006年8月設立し、東京都で飲食店などを経営。東日本大震災後、本店を郡山市に移して屋根や瓦の工事事業に転換し、除染事業も手掛けた。
 ピークの15年6月期は売上高16億8400万円を計上。除染作業の落ち着きで売上高が減り、17年6月期は5億7000万円に落ち込んだ。債務超過に陥るなどし事業継続を断念した。


関連ページ: 福島 経済

2017年12月27日水曜日


先頭に戻る