宮城のニュース

<海外視察政活費返還訴訟>オンブズが上告

 宮城県議会が2014年5月に議員7人を派遣したベトナム視察に政務活動費(政活費)で同行したのは違法だとして、仙台市民オンブズマンが同行議員と所属会派に経費約44万円を返還請求するよう知事に求めた訴訟で、オンブズマンは27日、控訴を棄却した仙台高裁判決を不服として上告受理を申し立てた。
 14日の高裁判決は「ベトナムとの密接な関係構築は県政の重要課題の一つ」と判断。ビジネス展開や県産海産物の販路開拓に関する調査研究への政活費充当には必要性や合理性があるとし、支出を適法と認定した4月の仙台地裁判決を支持した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月28日木曜日


先頭に戻る