宮城のニュース

架空請求詐欺で420万円被害 有料動画サイトの未納料金発生とメール届く

 仙台南署は27日、仙台市太白区の女性会社員(49)が架空請求詐欺で計約420万円をだまし取られたと発表した。同署によると11月17日午前6時50分ごろ、女性の携帯電話に債権回収担当者を名乗る男から「有料動画サイトの未納料金が発生しています」などとメールが届いた。女性は同18日〜12月1日、男から指定されたインターネットサイト上で指示を受け、複数のコンビニエンスストアで電子マネーのギフト券計約420万円分を購入し、番号を伝えた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月28日木曜日


先頭に戻る