岩手のニュース

岩手県が上海に常設物産店 観光情報も発信 南部鉄器や岩谷堂箪笥など展示

漆器、岩谷堂箪笥など岩手の名産品が並ぶショールーム(岩手県提供)

 岩手県産品の販路拡大や海外からの観光客誘致を目指して県は、中国・上海に常設ショールーム「日本岩手県観光物産店」を開設した。物産と観光の情報を発信する総合窓口の役割を担う。自治体が海外にこうした拠点を設けるのは珍しいという。
 店舗は約25平方メートルで、上海中心部の高層ビル1階に開設した。南部鉄器や岩谷堂箪笥(たんす)、漆器を展示する。県産ブランド米「銀河のしずく」のパックご飯、南部せんべいなどの加工品も販売。今後、日本酒や水産加工品の陳列も検討する。
 主に富裕層をターゲットとし、上海に立地する海外企業や百貨店外商部の注文にも対応。県内の観光パンフレットを置いて情報発信を強化する。
 日本貿易振興機構によると、2016年の岩手県産品の輸出額のうち中国向けは約9億2000万円で全体の約3割を占める。中国からの観光客は、査証発給要件の緩和などで17年1〜9月に1万3740人。前年同期比で約1.5倍と急増している。
 12月中旬には達増拓也知事が出席して現地でプレオープンの式典があった。本格営業は18年4月以降を予定。運営は現地企業に委託する方向で検討している。
 県産業経済交流課の押切拓也総括課長は「東アジアを代表する国際都市で岩手の良さを広く発信したい」と話す。


関連ページ: 岩手 社会

2017年12月28日木曜日


先頭に戻る