岩手のニュース

盛岡の飲食店で食中毒 従業員らからノロウイルス検出

 岩手県盛岡市は27日、盛岡市菜園1丁目の飲食店「Hodo(ホド)」で22日に食事をした20〜50代の男性21人が下痢や吐き気など食中毒症状を訴え、検査の結果、従業員を含む数人からノロウイルスが検出されたと発表した。19人が通院しているが、全員快方に向かっている。市によると、21人は魚のカルパッチョやサラダを食べた。市は同店を27日から3日間の営業停止処分にした。


関連ページ: 岩手 社会

2017年12月28日木曜日


先頭に戻る