山形のニュース

<スピードスケート>一戸1位 悲願へ前進「平昌で自己ベスト出したい」

男子5000メートル 1位になった一戸(川村公俊撮影)

 スピードスケート五輪代表選考会は27日、長野市エムウエーブで開幕し、男子500メートルで32歳の加藤条治(博慈会、山形中央高出)が34秒683で3位に入り、34秒60の国内最高記録で1位となった長谷川翼(日本電産サンキョー)、34秒680で2位の山中大地(電算)とともに代表入りを確実とした。加藤は4大会連続の出場となる。
 男子5000メートルは一戸誠太郎(信州大、山形中央高出)が1位。ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー、山形中央高出)は6位だった。
 男子8人、女子10人が上限の代表は最終日の30日に正式発表される。

 男子5000メートルの一戸が、ただ一人6分30秒を切って1位になった。ソチ五輪でウイリアムソンに代表を譲り、涙をのんだ種目。悲願の五輪に近づき、「悔しさを晴らすという思いで4年間過ごしてきた。平昌に行けたら、そこで自己ベストを出したい」と胸を張った。
 3400メートルまでプラン通り、1周30秒台で刻んだ。疲労がたまった後半は、8歩で進んでいた直線の100メートルの歩数が10〜12歩に増え失速。それでも、最後まで粘り、「ラップは落としたが、合格点」とはにかんだ。
 今季は好調を維持し、今月のワールドカップ(W杯)で日本記録を更新。日本の長距離界を引っ張るまでに成長した。「日本記録保持者として緊張やプレッシャーはあったが、乗り越えられた。観客の声援が後押ししてくれた」と感慨深げだった。(佐藤夏樹)


2017年12月28日木曜日


先頭に戻る