宮城のニュース

<宮城暴風雪>国道で車30台立ち往生 スリップ事故355件発生

 28日未明、宮城県色麻町の国道457号で、暴風雪のため動けなくなる車が相次いだ。加美署によると一時約30台が立ち往生した。
 同署によると、午前2時55分ごろ、「地吹雪で渋滞が起きている」と通報があった。大型車が動けなくなった箇所が複数あり、同署は午前3時50分ごろ、加美町赤塚−色麻町大下本町南間(約6キロ)を通行止めにした。除雪などをし、約3時間後に規制を解除した。
             ◇
 県警によると、県内では27日午後3時〜28日午前8時、雪の影響とみられるスリップ事故が355件発生した。人身事故は28件で、計35人が軽いけがをした。


関連ページ: 宮城 社会

2017年12月29日金曜日


先頭に戻る