宮城のニュース

<ベガルタ仙台>野津田との契約を延長

 J1仙台は28日、J1広島から期限付き移籍したMF野津田岳人(23)の契約期限を来季まで延長したと発表した。また、FW平山相太(32)との契約を更改、J3盛岡に期限付き移籍しているMF差波優人(24)が来季、J3富山に期限付き移籍すると発表した。
 野津田は8月、期限付き移籍先のJ1清水から仙台に入団。加入早々にシャドーストライカーの主力となり、リーグ戦12試合に出場し3得点と活躍した。クラブを通じ「苦しい時期に手を差し伸べていただき、自分に選手としての自信を取り戻させてくれました。1試合でも多く勝利の喜びを届けるために全力で戦います」などとコメントした。
 平山は2月に負傷した左足首の治療が長引き、公式戦出場なし。差波はJ3リーグ戦15試合に出場した。
 平山は「今シーズンはけがで苦しみ、悔しい1年でした。悔しさを原動力にゴールを決めて勝利に貢献したいです」、差波は「しっかりサッカー選手として成長し、ユアスタ(仙台)のピッチで輝ける選手になるために精いっぱい頑張ってきます」と、それぞれクラブを通じて談話を出した。


2017年12月29日金曜日


先頭に戻る