宮城のニュース

<全国高校バスケ>明成 V奪回

優勝を決めコート上で喜ぶ宮城・明成の選手たち(写真部・安保孝広撮影)

 バスケットボールの全国高校選手権最終日は29日、東京体育館で男子決勝が行われ、明成(宮城)が福岡大大濠を79−72で破り、2年ぶり5度目の優勝を飾った。
 エース八村阿蓮(3年)が両チーム最多の32得点、14リバウンドと活躍。前半で49−33と大きくリードして折り返し、その後3点差まで迫られたが、第4クオーター終盤に田中裕也(2年)がフリースローを確実に決めて点差を再び広げた。
 明成は2013〜15年に宮城県勢初の3連覇を達成。昨年の初戦敗退から王座奪回を果たした。


2017年12月30日土曜日


先頭に戻る